第40回:該当作なし

去る7月31日、2019年度第40回石橋湛山賞の最終選考会議が開催されました。選考委員は、50音順に学習院大学名誉教授の奧村洋彦様(第21回受賞者)、元国民経済研究協会理事長の叶芳和様(第2回受賞者)、福山大学客員教授の田中秀征様、株式会社東洋経済新報社会長の山縣裕一郎様と、昨年度から変わっていません。

有識者の皆様から推薦をうけた約50の著作の中から、東洋経済新報社OBを中心とする第一次選考委員によるスクリーニングを経た3つの著作が審査の対象となり、約1時間に渡り熱心な議論が行われました。

選考対象となった3著作共に力作で、それぞれ高く評価されましたが、石橋湛山の考えに沿っているか、内容が啓蒙的かつ提言的であるかなどが議論となり、残念ながら「該当作品なし」という結論に全会一致で達しました。2013年度第34回以来2回目の「該当作品なし」です。

本年度の選考対象となった期間に発行された数多くの社会・経済・哲学・宗教などに関する著作の中に、石橋湛山賞に値する内容を持った著作は、必ず存在すると考えています。当財団の力不足で、それらの著作が推薦されてこない状況を真摯に反省し、次回以降の選考過程の改善点としたいと考えています。

来年度以降のこととなりますが、皆様方には、是非とも「これぞ」という著作を、積極的に推薦いただきたく思っています。石橋湛山賞が、世の中から一定の評価をいただき、さらにその評価を上げて行くには、皆様方の暖かいお力添えが欠かせません。本賞の更なる発展のために、関係各位のご理解とご支援をお願いいたします。

なお、第40回石橋湛山賞の最終選考対象となった著作は、発行日順に以下の3点です。

牧原 出氏著 「崩れる政治を立て直す」
-21世紀の日本行政改革論- (講談社現代新書)

井手英策氏著 「幸福の増税論」
-財政はだれのために- (岩波新書)

井上寿一氏著 「機密費外交」
-なぜ日中戦争は避けられなかったのか-(講談社現代新書)

ご質問等がございましたら、お気軽に財団事務局までお問い合わせをいただきたくお願いいたします。

ページの先頭へ

copyright © The Ishibashi Tanzan Memorial Fundation All right reserved.